視覚優位なためか、活字よりもまんがや動画といったメディアのほうが入ってきやすいです。

もちろん活字でしか表現できないこともあるわけですが、逆にまんがでしか表現できないものもあるような気もします。

 

武富 健治 『鈴木先生』(2006-2011)

 

GTO(1997-)

 

夜回り先生

 

児童福祉司 一貫田逸子

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語

 

凍りついた瞳

 

37.5℃の涙

 

健康で文化的な最低限度の生活

 

BLUE HEART