研究関連のことや、日々思うことを書いています。
・研究関連のこと:「研究関連アーカイブ」
・私自身のこと:プロフィール
・日々の雑感:学びの問い・ストーリー
をご覧ください。

Author Archive

2018/6/30 誰の何を、どのように背負うか

旧知の友人らと会う。artificialな機会であるというのに、その後まで付き合ってくれることに本当に感謝する。   「場づくり」が得意なほうではない。内容ではなく、接し方や調子の面で、構成員の中庸にヒットさせることができない。・・・学部生のころはまだましなほうではあったが、こと最近、その傾向は強くなっている。凝り固まっているわけではないが、以前よりも自分なるものを”上手”に扱えなくなっ […]
2018/06/26 エゴイズムと向き合う 自らの甘さ

2018/06/26 エゴイズムと向き合う 自らの甘さ

研究会で、友人に厳しい一言をかけてしまったのをつくづく後悔している。 他者に向ける言葉は、得てして、自らへの刃にもなる。   果たして僕は、いま取り組んでいる研究を仕事として。つまり、社会との契約の元、なんらかの形でお金をもらって、やっていけるだろうか。いや、そんな状態には達していない。「甘いな」、と感じることが多々ある。目的をもって動いていないな、ということも、多々ある。今日一日でいっ […]
2018/06/05 世に言う”自立”をめぐって

2018/06/05 世に言う”自立”をめぐって

もやもや。   「早稲田まで行ったんだから」という発言に、様々なことを感じる。必ずしも僕のことだけではなく。 人は、「もったいない」という。せっかく早稲田まで行ったんだから、もっといい仕事があるじゃない、何もそんな苦労をしなくていいじゃない、と。   確かに、その論理は一理ある。若い時に十分苦労したんだから、何も歳いってからわざわざ苦労しなくていいじゃない、そんな苦労を避けられ […]
2018/03/10 「好き」って。

2018/03/10 「好き」って。

普段と違うコミュニティに属し、普段と違う環境に身を置くことは、普段自分が何一つ気にせず新退化している“何か”を自覚させてくれる。ここで言語化して整理しておきたい。どれもきっと浅い考察に止まるが、この瞬間に言葉にしておくことを大切にしたい。   第一に、マイノリティの問題。 自身が依って立つ学問を究めていく場に身を置くものは、議論を先鋭化しやすくするために一定の同質性が担保された場所を選択 […]
2018/02/27 闘いの意味

2018/02/27 闘いの意味

久しぶりの更新になってしまった。この経緯についてもあとでまとめたい。   団体行動への参加 ある勉強会のフィールドワークで、団体行動に参加した。 団体行動とは、僕らが学校で、「労働三権」として習ったやつだ。憲法28条で保障されている。 ある企業が不当労働行為に対する不誠実な対応をとっており、それに対して団体行動を行う、というものだ。 行ったのは主に以下の3つ。 ①本社前行動(30分程度) […]
2017/10/01 子どもの街頭募金活動を考える

2017/10/01 子どもの街頭募金活動を考える

研究や勉強以外で、久しぶりに自分で文章を書こうと思った。   目白駅付近で、ボーイスカウトの服装に身を包んだ子供たちが、歩道の両側で募金活動をしている。 大人も何人かいる。大きな声を張り上げて、募金を募っている。 僕はその声を耳に入れながらも、颯爽と自転車で通り過ぎた。 しかし、その声と、なにか悶々とするものが胸に溜まった。   かつては僕も募金に積極的だった。 小学校で度々あ […]
2017/05/16 研究者はなにをみているんだろう。

2017/05/16 研究者はなにをみているんだろう。

博士論文を書ききるということは、その道の専門家になるということで、 まだ明らかにされていない知を、一歩前に進めたことを認めてもらうことでもある。 と同時に、研究者としての太鼓判を押され、研究の職を得ていく道が開かれる。   自分は博士論文はおろか、まだ修士論文すら執筆中の身だけれども、 研究の先になにがあるんだろう、と疑問が絶えない。   個人名を挙げてさげすむつもりはまったく […]
2017/05/10 足りないことが多すぎる。

2017/05/10 足りないことが多すぎる。

吉田先生は、教育社会学の理論を”ゲームの裏技”だと形容された。 知らなければいけないかというとそうでもないが、知っていれば、様々な事象をすっきりと説明することができる、と。 加えて竹内洋先生が、理論を当てはめて実証するのではなく、様々な理論を使って自身の理論を組み立てる、理論応用のスペシャリストであったことも触れられた。   「物知り」になる必要はないけれど、創造力は、知識の肥料を蒔いた […]
2017/05/05 What`s make it  "right"?

2017/05/05 What`s make it “right”?

つかの間のGW前半は、長野へ。   毎年GWに行っているのは新潟ですが、今年はまったく違う用で長野・八ヶ岳へ。 翻訳合宿に混ぜていただきました。   英語と日本語では言葉の区切り・概念の範囲・述べ方が異なるので、日本語訳していくのには一苦労。school success とか。   最後まで詰まったのはmake it rightという言葉。何が正しいのか。かなり頻繁に […]
2017/04/06 院生生活を始めて

2017/04/06 院生生活を始めて

大学院生になってはや6日。感じることを書き留めておきたいと思う。   ①自分で使える時間が増えた分、自分の使い方次第で時間を生かすも殺すもできる。 大学が週2になる。学部のとき、ずっと週6で大学の授業を受けに行っていたのとは事情がまったく異なる。授業で「学んだことを評価される」のではなく、これからは研究で「どんな知を生み出したか(生み出していくか)」が研究者として問われている。 &nbs […]
2017/03/16 学校支援に携わるなかで

2017/03/16 学校支援に携わるなかで

教育支援コーディネーターフォーラムでお会いしたNさんにご用命いただき、ここ1ヶ月弱、都内のある中学校に出入りしていました。 学校の教育活動の枠内なので詳細は載せませんが、総合的学習の時間のなかで、教育支援コーディネーターが社会で働く職業人を呼び、学校で話を聞く、というものです。 私は事前打ち合わせを経た上で、当日の運営サポートと後日の報告書(文集のようなもの)の編集・印刷に携わらせていただきました […]
2017/02/19 関西ROJE勉強会「教育の目的とは? ~答えのない問いに立ち向かうために~」

2017/02/19 関西ROJE勉強会「教育の目的とは? ~答えのない問いに立ち向かうために~」

先日、関西ROJE向けに勉強会を行いました。   背景には、一メンバーから上がっった「教育の目的を考えたい」という意見があります。 正直、私には扱いきれない大きなテーマですが、本勉強会としては ・自分が議論の前提にしている当たり前に気づく ・共通了解が得られない背景に気づくとともに、どうしていけるかを考える という、教育支援をする当事者として役立つ「実践的な勉強会」を目指しました。 こち […]